日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ハイキング上級者】季節毎のトレッキング装備と服装

暖かい風が吹いてくると、行きたくなるのがハイキングですね。このハイキング、上級者になるほど、季節により装備を変えている事をご存知でしたか?日帰りといっても、万一の持つ物でザックがいっぱいにならないよう、効率よく準備して出かけましょう。定番の物に加えてのポイントを幾つかご紹介します。

兼用

まず徹底的に兼用出来る物を、ピックアップしていきます。一例として雨具なら、上下別の物よりポンチョの用意で、敷き物と兼用になります。

風が冷たいので風を通さないウェアを着ます。基本は重ね着、暑ければ脱げるようにします。靴につける軽アイゼンという物があります。入ってみて、雪の残る面があったらこれが活躍します。

天気の急な変化に備え雨具が必須です。夏は冷えと暑さ両方の対策となります。帽子で暑さを防ぎます。水分として、ゼリー飲料も加えましょう。糖分の補給にも役立ちます。

秋から冬

カイロが役立ちますよ。保温を意識した服装をしましょう。秋ならばフリースは軽くて薄くて保温にイチオシです。冬なら薄手のダウンにします。又、春同様アイゼンも持ちます。バーナーを持つと、万一の暖にもなりますよ。雨に濡れると体温が下がりますので、雨具は質のよい物を。

おわりに

季節ごとの注意ポイントを簡単ですが、挙げてみました。ハイキングと聞くと、気持ちも軽く装備もおろそかになりがちです。しかし相手は自然です。十分な備えをして安全に楽しく行いましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます