日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇親会の食事マナー

懇親会。様々な方と会話し、知り合いになれるのは魅力的ですね。普段はあまり食べないようなお料理を頂けたり、美味しいお酒がふるまわれたりそんな面でも楽しみなこの懇親会。ただし、沢山人が居る故、目につきやすいのが飲食のマナーです。そのマナーどこかで見られています!うっかりしないように、食事マナーのおさらいをしましょう。

前提

懇親会が立食形式で行われることも多いでしょう。そこで立食での食事マナーを確認しますよ。まず「食事が出ても」懇親会自体の目的は「食事」ではありません。円滑なコミュニケーションの為の潤滑油のような役割が飲食です。そこを忘れて、お腹をペコペコにして臨むというのはやめましょう。

楽しむ

恐らく、アルコールが出るのであれば「おつまみ」感覚での食事になるでしょう。口に入れたら味わいを楽しみましょう。
又、口に入ったまま移動したり、会話をしたりは避けます。美味しく一口頂いたら、次は歓談へというようにします。食事だけをしたまま懇親会を終えるのはやめましょう。又、自分の好きな物ばかりを取ってきたりなども避けてください。さらに酔いやすい方は、アルコールの飲みかたに注意しましょう。

おわりに

大勢の中で一人だけというのは、目立ちにくいと思っているのは自分だけです。人は意外にあなたを見ています。よい関係を築きたいなら、是非食事マナーに心を配りましょう。マナーを守り有意義な懇親会になるといいですね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます