日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クラス会に多くの人が参加してもらうための案内状の書き方

久しぶりに昔の仲間が集うクラス会は、とても楽しみな反面、みんながどんな風に変わっているか少しドキドキするものですよね。
クラス会を取り仕切る幹事さんには、想像以上にたくさんの仕事があります。その中でも、案内状の作成は特に大切な仕事です。
たくさんの人に参加してもらうための案内状の作成方法について、以下にポイントをご紹介したいと思います。

恩師の出席を伝える

当時お世話になった先生には、きっとみんな会いたいはずです。先生には早めに案内をし、出席いただけるかどうか確認しておきましょう。その上で、先生が出席されるのであれば、みんなに送る案内状にその旨を記載しましょう。「あの先生も出席するのなら私も行こうかな」と思う人が、きっとたくさんいるはずです。

幹事のメールアドレスを書いておく

「仕事の都合がつくか分からないから、とりあえず欠席」という人が、実は少なくありません。そんな時、気軽に連絡できる連絡先があれば、急遽都合がついて出席できるようになったとしても、参加しやすいものです。幹事さんは少し大変かもしれませんが、ぜひ「お気軽に連絡ください」の一言を添えて、メールアドレスか携帯電話の番号を記載しておくことをお勧めします。

お願い口調で書いてみる

「なんとなくめんどくさいから欠席」という人に出席してもらうためには、少しへりくだって「お忙しいと思いますが、ぜひ来てもらえるとうれしいです」など、お願い口調で出席を促すと効果的です。

まとめ

クラス会の幹事さんは、事前準備から当日の仕切りまで、本当に大変だと思います。たくさんの人に参加してもらえるよう、上記のことをぜひ参考にしてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます