日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クラス会での乾杯の挨拶では何を言ったらよいの??

久しぶりに昔の同窓生が集まるクラス会。懐かしい顔にたくさん会えて、昔話にも花が咲くことと思います。
そんなクラス会で、光栄にも乾杯の音頭を任されたとしたら、挨拶ではどんなことを言えば良いのでしょうか。参加者は見知ったメンバーばかりとは言え、きっちりと大役をこなして、大人になった自分を見せたいところです。当日になってあわてないよう、事前にしっかり準備しておきましょう。
以下に、乾杯の挨拶でどんなことを言えばよいのか、簡単にご紹介します。

自己紹介

久しぶりに会う人は、もしかしたらあなたのことを覚えていないかもしれません。初対面でもないのに自己紹介は少し照れくさいかもしれませんが、今どこに住んでいるのか、どんな仕事をしているのかなど、簡単に自分の現状を紹介する一言を添えるとよいでしょう。

再開を喜ぶ言葉

久しぶりにクラスのみんなと会えたことを喜ぶ言葉を言います。「懐かしい3年2組のみんなと、こうして元気に15年ぶりに会えて、とても嬉しく思います」などです。

特別ゲストの紹介

恩師や先生などにご参加いただいている場合は、忘れずにその方を紹介するようにしましょう。また出席の感謝も伝えるようにします。

まとめ

いかがでしょうか。いくら準備していても、当日はきっとドキドキして緊張してしまいますよね。上記に挨拶のポイントをご紹介しましたが、乾杯の挨拶はあくまで短く端的に、が原則です。あまり気負いすぎず、楽しいお酒が飲めるような素敵な乾杯の挨拶にしてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます