日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

会社の懇親会マナー

みなさんの会社で懇親会とはどんな役割ですか?
お得意先が開く企業同士の懇親会でしょうか、会社内で違う部署同士が集まる懇親会でしょうか。楽しい会でしょうか、億劫な会でしょう。
懇親会に参加するということは、主催側が「是非あなたもこの人達を知って仲良くなって下さいね」と場を作ってくれているということです。

そんな懇親会ですが、どんなマナーがあるのでしょうか。

座る位置

懇親会に多いのは食事会です。食事の席では色々マナーがあります。
社内・社外どちらにしても、自分が一番下っ端、もしくは大事なお話しの際に決定権のない立場であれば、すぐに立ち上がって料理やお酒の注文などの用事をこなしやすい入口近くの下座に座りましょう。堅苦しい話しなどが予定されておらず、言葉通り懇親会であって幹事さんがいる場合はおそらく席も決められているでしょう。

その場合は指示に従いましょう。たとえそれが苦手な上司の隣であってもです。

すかさず聞く

こちらの懇親会が食事会だった場合に限りますが、隣近所の席の人のコップが空いていたらすかさず「何飲まれますか?」と聞きましょう。
序盤は本当に「すかさず」という感覚でOKです。中盤も過ぎたら席移動が始まり、色々な人とお話しするタイミングがきます。その時も自分から立ち上がって伺うようにしましょう。お注ぎできるようにビールを持って回ります。

食事会以外の懇親会

多くは食事会ですが、まれに食事会ではなく先輩社員や役員とお話しする場であったり、レクリエーションだったりを設ける企業もあります。

先輩や偉い役員さんの多くはざっくり「なにか困ってない?」や「最近どう?」と言った質問をしてくれます。この時何も答えられないと「自己主張のないやつ」「無気力なやつ」という印象を与えてしまいかねません。「新しく会社に導入されたシステムの評判」や「売れ筋・客層の変化」など業種特有の質問や、これから何をどんな風に取り組みたいか明確に言えるようにしておきましょう。

おわりに

企業よって様々な懇親会ですが、ポイントは何でも率先することです。率先して上司の隣、率先して先頭、率先して挙手などなど。懇親会は社内・社外の多くの人と触れ合えます。

長い社会人生活の上で、どんな人脈も絶対武器になりますからね~!

たくさんの人にアピールしましょう♪

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます