日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行の見積もりを出したら高かった!そんな時に予算を減らせる項目3選

楽しい旅行にしようと企画を頑張った幹事さん。
色々詰め込んで、予算が高くなっていませんか?
なるべく内容は変更したくない。ではどこの予算を減らすことができるでしょうか。
限りある予算を有意義に使うために、削減しやすい項目を3つまとめてみました。

ホテル・宿の見直し

行き先の地域内に何ランクか落としたホテルやお宿はありませんか?
20~30人もいれば一人当たり1000円でも500円でも落とせたら大きく削減できます。
社員旅行では、家族旅行や友達との旅行のようにしっかりとホテルも楽しみたいという趣旨は薄くないでしょうか?ホテルの質の多少なら気にしない雰囲気はありませんか?
それよりもお部屋での宴会や、次の日の観光を楽しみにしている社員さんはたくさんいるはずです、思い切ってホテルの予算を削減してみましょう。

観光地の見直し

入場料、使用料など、行く先々で何か支払うものはありませんか?
全員参加だとそこもやはり予算に組み込みますよね。
ですがそこを思い切って「自由行動」にしてみてはいかがでしょうか。
行きたいところのお昼ご飯の各自持ちにすると、その分夜の宴会を盛り上げる予算に回すことができます。

移動方法の見直し

飛行機移動の予定は新幹線に変更はできませんか?
新幹線の予定はチャーターバスに変更はできませんか?
近場でチャーターバスの予定なら、各自現地集合・現地解散には変更できませんか?
移動手段を変えて、少し移動時間が増えるくらいならそんなにクレームは出ません。
要所要所で景色などの豆知識をパンフレットやバスの社内放送などで案内すれば、それも楽しみの一つです。

おわりに

事務所で最年少幹事ということも手伝っていたのか、普段「旅行=贅沢」的な考えを持っている年配の女性達には「切り詰め旅行」も新鮮だったようです。
「切り詰めてゴメンナサイ」という態度より堂々と「ここは抑えました!でも十分楽しめるでしょ?」という気持ちで企画しましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます