日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇親会の乾杯の挨拶は誰に頼むべき?

新しい年度の始まりには、懇親会もつきものですね。
もしあなたが懇親会の幹事になったら、誰に乾杯の挨拶を頼んだらいいのでしょうか。幹事になってお悩みのあなたに、懇親会の乾杯の挨拶についての記事をご紹介いたします。

乾杯の挨拶は司会者または幹事の方で

懇親会の乾杯の挨拶は、幹事の方または、司会を務める方が行いましょう。
懇親会は、親睦会の意味も含めての会ですので、その場を盛り上げるような楽しい雰囲気で乾杯しましょう。もし別に「この方にぜひ乾杯を!」といった人がいた場合はその方にお願いしましょう。

挨拶は短めに

乾杯の挨拶は短めに済ませましょう。
みなさん、乾杯の前は、食事や飲み物に一切手をつけずに待っています。お腹が空いている人もいるでしょうし、早くお酒を飲みたい人もいるでしょう。また、挨拶が長すぎると場がしらけてしまいます。乾杯の挨拶は、手早く短めに済ませて乾杯しましょう。

開催の主旨を踏まえて

乾杯の挨拶の中には、この会の内容の主旨も短く入れて、挨拶しましょう。
例えば、「本日こうして◯◯の皆様にお集まりいただきましたことを本当にうれしく思います。」や、「日頃より、◯◯にご助力いただきましてありがとうございます。」などといった挨拶を簡単にまとめた文章を踏まえて乾杯に入りましょう。
懇親会で、司会の方がいらっしゃれば、その方にお願いし、いらっしゃらない場合は、幹事役の自分から乾杯の音頭を取りましょう。挨拶は手短に簡単でいいものですので、ぜひ上記を今後の参考にしてみてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます