日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ用語がわからない!シャフトってなに?

「シャフト」とは、ゴルフクラブの柄の部分のことです。

シャフト

シャフトとは、クラブを構えて自分から見た時クラブヘッドより手前の柄の部分指しますすが、このシャフトの先端にヘッドをのせて振るのがゴルフスィングです。ゴフルクラブはヘッド、シャフト、グリップの3つの部分で構成されています。シャフトの性能は、飛距離や玉筋に大きく関与するため重視する必要があります。以前は、木製(ヒッコリー)のシャフトでしたが、その後スチールが使われ、アルミ・カーボン、軽量スチールと続いてきました。そして、現在では軽量スチールとカーボンシャフトが一般的となっています。

シャフトの「しなり」と飛距離

シャフトの特性の一つに、「しなり」があります。シャフトはゴルファーのスィングをヘッドに伝えボールを正確に、遠くに飛ばすという役目を持っています。ゴルフのスィングでは、シャフトがしなることによって飛距離が多く出ます。力の強いゴルファーが遠くに玉を飛ばせるのは当然ですが、このシャフトのしなりの効果によって、力の差ほど飛距離が違わないのがゴルフです。

シャフトの種類

シャフトは素材によって、カーボン・シャフト(グラファイト・シャフトとも言う)とスチール・シャフトに大別されます。ドライバーは、遠くへ飛ばすことが大きな目的の一つであるため、ほとんどが軽量ゆえ軽くスィングしヘッドスピードを与えることができるカーボン・シャフトとなっています。一方、アイアンは距離より正確さが必要とされるため、重く確たる感触のスチール・シャフトがよく用いられています。

スコアアップを目指して飛距離や正確性を求めるうえで、自分に合ったシャフトを選ぶことはとても重要です。

シリーズ記事:ゴルフ初心者必見!しっかりチェックしたいゴルフ用語まとめ

もっと見る

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます