日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

コミケに行く際のコスプレのルールとは

年々過熱する一方のコミックマーケット、通称コミケ。コミケの魅力は様々なキャラクターに扮したコスプレが見られること。コスプレに挑戦したいという人もいますが、何でもかんでもやり放題というわけではありません。トラブルを避けるために押さえておきたいコスプレのルールとはなんでしょうか?

コスプレのルールはコミケイベントごとに定められている

コミケの規模が大きくなるにつれて、コスプレを楽しむ人が増えてきました。また、コスプレした人を目当てに来るという客も増えてきましたことから、コスプレに関するトラブルも急増しました。

そのため、主催者は、コスプレに関するルールを設けることで対応するようにしました。イベントごとにルールは異なりますので、コスプレイヤーとして参加する人は、イベントごとに主催者が発表しているコスプレのルールを確認する必要があります。

コスプレの基本的なルール

コスプレのルールの基本は、衣装の露出度、アイテムの大きさ、着替える場所、コスプレできる場所、動き、撮影に関するものについて定められています。会場の大きさや、参加人数の規模によって、ルールの幅に差があります。特に、多くの人があつまる大規模なイベントの場合、露出やアイテムの大きさについて厳密にルールが定められています。

露出度が多い衣装はNGになることも

コスプレの対象となる作品によっては、露出度の高い衣装を着ているキャラクターも少なくありませんが、実際の人間が着る場合、コスプレといえども、公然わいせつや、軽犯罪法に該当する可能性があります。

また、女性の場合は、露出度が高い衣装の人は思わぬ犯罪に巻き込まれる可能性があります。極端に露出度が高い衣装は避け、下着やストッキング、タイツなどを着用するなど衣装に工夫することが求められます。

社会的に問題がありそうな素材はNGに

医療関係者と区別しにくい白衣や、警官・消防官・自衛隊など実際に業務で使用しているものをコスプレ衣装とするのはNG、もしくは、会場につくまでは衣装が見えないように何かを羽織ることが求められるケースが多いです。

また、会場内外でも犯罪を誘発する危険がある素材を扱うのも NGとされる場合があります。ヘルメットや覆面等も、防犯上の理由でNGとなることがあります。

剣や魔法のステッキも長さ制限が

魔法少女の変身アイテム、ファンタジーのキャラが持つ武器等も、コスプレをする上で欠かせないアイテムですが、長すぎるもの、大きすぎるものについても安全上の理由で制限がかかるケースが多いです。また、モデルガンなど銃器を模したものも、弾が発射できないようにするなど、安全性が求められます。また、コスプレをしてパフォーマンスをする場合も、自身や観客に対する安全を確保する必要があります。

ルールを守って楽しくコスプレを

コスプレはコミケ文化を語る上で欠かせない存在ですが、コミケを安全かつ持続的に運営するためにはルールが必要です。ルールに反したコスプレイヤーは、その会場からの退去を命じられたり、次回以降の出入り禁止対象となることがあります。

参加する前に、主催者発表のルールを確認するとともに、自分のコスプレがルールに即しているかどうか判断に迷う場合は、主催者に相談してから行うといいでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます