日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

釣り用車選びの3つのポイント

釣りに行く場合、必須といっていいほどあると便利な車ですが、どういうポイントで選べばいいのかわからないですよね。そこで、車選びの際に覚えておいてほしい3つのポイントをお教えします。

これだけ抑えておけば間違いはないと思うので、ぜひチェックしてみてください。

・1つ目ポイント「車内の広さ・室内空間」

まず1つ目のポイントは、何といっても車内の広さ・室内空間です。釣りをするにあたって、このポイントが一番重要ではないでしょうか。
ロッドにタックルボックス、クーラーボックスなど釣り道具は大荷物です。道具を持っていくことができないのであれば、釣りなんぞできるはずがありません。

しかし、今はそんなに心配しなくてもいい問題かもしれません。今発売されている車のほとんどが室内空間の広さ・荷物がいっぱい積めることを謳い文句にしている物が多いからです。軽自動車から普通車、ワンボックスタイプなど選べる種類の幅が広くなってますから、いろいろ自分の条件にあったものも見つけやすいと思います。

・2つ目ポイント「省スペース設計・機動性」

次のポイントはズバリ、省スペース設計と機動性です。
コンパクトな省スペース設計を採用した車だと、細い農道や入り組んだ道もスイスイ走れます。釣りのポイントというのはいろんな場所に存在しますから、道や対向車などを気にせず走れる車は便利でいいですね。また機動性があれば、急な坂道や山道なんかも問題なく走行することができ、運転する側にとっては道を気にしないで走れるのはいいことですよね。

今では軽自動車でも、力強い走りを実現してくれていますので、使う用途に合わせてこちらも幅広い車種から選ぶことができると思います。

・3つ目ポイント「普段使い・町乗りもOK!」

最後のポイントは、普段使い・町乗りできるかです。
以外にも、このポイントに重点を置く人が結構います。釣りに行くためだけに、専用の車を所有している人はほとんどいないと思います。釣りをする人にも家族がいたり大勢の仲間がいたり、出勤用に使ったり買い物に行くのにつかったり・・・人によって状況はいろいろだと思います。ですから、家族がいる人は大勢乗せられる車を考えたり、出勤や買い物などに使うのであれば、軽自動車やコンパクトカーを考えてみたり、自分の状況にあった車を選ぶ必要がありますね。

購入を検討する際は、釣り以外の自分の周りの状況を把握してみましょう。

以上、釣り用車選びの3つのポイントについてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか。
人それぞれの状況・条件があるでしょうから、購入を検討する際は条件等を書き出してみて、優先するもの・しないものを考えてみるのがいいと思います。昨今は、質のいい素晴らしい車がいろいろ出ています。迷うかもしれませんが、自分のお気に入りのパートナーを見つけて、楽しい釣りに出かけてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます