日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ボルダリング のコツ 【足編】

ボルダリングの基礎となる登り方は、「脚力のばねによる上体移動」にあります。
もちろん、足場が悪く、脚力が十分に活かせない課題はたくさんあります。
しかしながら、足場がなくても考え方は同じで、上に登りたければ、
「下にあるもの(足場があれば足場、なければ空気)を踏みつけるように蹴り、反動で上に上がる」
ことが絶対的になっています。
要は、このばねの勢いをそのまま上体、腕へとつなげていくこととなります。
結局、どのようなときでも足を使う必要性がありますから、このコツを押さえて
足場がないときにも応用できるようにしましょう。

「なぜ自分はそこにいる?」常に問いかけてみよう

足が使える状況に限定されますが、なぜそこに自分がいるのか、
その答えは「自分がそこに\’\’立っている\’\’から」です。
注意を足元へ向けましょう。
腕力で上体を起こしがちな人はすでに「大損」をしています。
腕という部位は身体の末端部ですから、常に体重を支える足よりも
垂直的なパワーが圧倒的に劣ります。
「腕が伸びるから登れる」ではなく、「足が上がるから登れる」イメージを持ってみることです。

足場が悪いときは、「爪先立ち」

バスケットボールなどのジャンプするアクションなどでも然りですが、
実は、足の踏ん張りがきくのは「つま先」です。
高くジャンプしてみようとするとわかりますが、足が地面から離れる際、
つま先が立っているのです。
普段は無意識的にできていますが、複雑に動きが絡むほど、
それを忘れて不自然な動きになってしまうのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます