日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケ初心者が最初にやるべき

バスケ初心者が最初にやるべきことについてまとめました。

「体育会系の部活に所属したことが無いがバスケットボールがしたい場合について」

体育会系の部活に所属したことがない場合でも、やる気と好奇心があるなら問題ありません。最初は誰もが素人です。練習が厳しいと感じてしまうかもしれませんが未経験者でも体力をつけて、きちんと継続することでバスケットボール選手になることができます。

「背が低い、太っている、痩せている、場合でもバスケットボールは出来ますか?」

背が低くても、太っていても、ドリブルがうまい選手も、痩せていてとても速い選手も、皆がバスケットボールの第一線で活躍することができます。大切なのは、体格ではなく自分の強みを作り上げて表現しようとする情熱です。

「練習方法がわからない場合について」

バスケットボールをする上で不可欠なのが体力です。体力があれば1日に練習できる量が増えます。また、何度も反復練習ができるので身体に技術を染みこませることができます。とにかく体力をつけることが大切です。

「ぜんぜんうまくならない場合は」

バスケットボールの技術は神経系が動きを記憶することで可能になるものばかりです。そのため、技術は反復練習により神経を鍛え、いつでも感覚を呼び起こせるようにすることでしか習得できません。あきらめずに何度も反復練習を行いましょう。

まとめ

初心者の方がバスケットボールを行う際には、これらのことを意識してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます