日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

良いところ盛りだくさん。追いコン会場を池袋にするメリット

追いコン本番を楽しむためにも、事前の準備ってとても大切ですよね。どういう風に追いコンを進めていこう…出し物はどんな風にしよう…と悩むことはたくさんあります。だけどちょっと待って。まずは会場を決めなきゃ何も始まらないですよね。

だけど、追いコンの会場って結局でどこにするのが一番ベストなんでしょうか?今回は東京の中でも大きな街「池袋」を追いコン会場にするメリットを3つご紹介します。

店舗数が多い

池袋(東口)
池袋はとても大きい街です。ですから、その分お店の数も他と比べて多いです。店舗数が多いので予約は取りやすく、さらには大人数で入れるお店も多数存在しています。有名なチェーン店から少しおしゃれな飲み屋さんまで幅広いお店が存在する池袋は追いコンの会場にぴったりです。

また、立教大学などいくつかの大学があるので、比較的に学生に優しい価格のお店が多いです。安くたくさん飲みたい!そんなときは池袋を追いコンに会場にしてみてはいかがでしょうか?

終電を逃しても大丈夫

やはり追いコンといっても、いつものように皆で楽しく飲むわけですから楽しさで時間を忘れて終電を逃してしまった…!となっても大丈夫。池袋には東口、西口に関わらずカラオケや漫画喫茶があるので朝までどこかに入って始発を待つことができます。

そして池袋には24時間営業している「ラウンドワン」があるので、まだまだ朝まで遊びたい!という元気な方たちにはおすすめの始発待ちスポットとなっています。

路線が多い

池袋駅
池袋は乗り換えの駅としても有名ですよね。たくさんの路線が乗り入れしているので、いろんな人が集まる追いコンでは便利な駅だと思います。とくに埼玉方面へ一本でいける電車が数多くあるので、埼玉方面へ帰る人にとって池袋を追いコン会場にするのはとてもありがたいと思います。そこはサークルの人達との兼ね合いで決めてくださいね。

以上の3つが追いコン会場を池袋にするメリットです。ぜひ候補にいれて考えてみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます