日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

比叡山の登山コースと観光スポット

天台宗の総本山延暦寺で有名な比叡山。ケーブルカー等の利用が一般的ですが、登山で行くのはいかがでしょう。京都側からの雲母坂ルートと滋賀県側から登る坂本ルートなどがあります。

雲母坂ルート

京都方面から叡山電鉄の修学院駅へ。音羽川沿いに進むと正面に比叡山が見えます。ここから山頂まで平均2時間前後の旅程です。
雲母橋を過ぎれば登山道が始まり、雲母坂、水飲対陣之跡石碑と進んでいきます。見晴らしの良い場所で休憩を挟みながら登りましょう。さらに進むとケーブル比叡駅、そして山頂へ。

坂本ルート

滋賀県側からの出発点はJR湖西線・比叡山坂本駅です。
駅から日吉大社方面に進み、ケーブル駅近くから登山道へ。山道と階段道がありますが、合流点は一緒です。進んで行けば、延暦寺会館、根本中堂の近く、阿弥陀堂あたりを抜け、その先が山頂です。

そして無事登頂後は観光も。

ガーデンミュージアム比叡

まずは山頂にあるこちらへ。花壇をゆっくりと眺めながら散策していくと、陶板に複製されたフランス印象派の絵があちこちに。花々の中に広がる屋外型美術館です。

東塔エリア

山頂からシャトルバスで行けます。
比叡山の中心。最澄が彫ったと伝えられる秘仏・薬師如来像があり、「不滅の法灯」が灯る根本中堂、法華総持院東塔、大講堂、戒壇員、国宝堂などがあります。

帰り道は…

この他にも、釈迦堂のある西塔エリア、朱塗りの横川中堂の横川エリアなど見どころの多い比叡山。帰りはケーブルやバスを使うか、別ルートを降りるか。さてどうしましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます