日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会に必要な幹事の人数は?

親や親戚が中心で、どちらかといえば厳粛な雰囲気が漂う結婚披露宴とくらべて、友達中心で大勢で繰り広げることが多い結婚式の二次会。円滑に二次会を運営するには「幹事」の存在が欠かすことが出来ません。

二次会の幹事は最低2人

新郎新婦は結婚式の準備に追われていますので、二次会に関しては幹事の方にほとんどお任せしてしまうということが多くなります。企画等含め、様々なことを決めなくてはいけませんが、新婦側、新郎側双方の意向も踏まえることから、新郎側新婦側から最低でも1人ずつ幹事をお願いします。とはいえ、当日の運営を2人だけで行うのは無理がありますので、2人の幹事に加え、企画ごとにサポートをしてくれる人をお願いしておくなど、役割分担をするとスムーズにいくようです。

平均的には4人

新郎新婦から2名ずつ幹事をお願いするというのが、平均的なようです。もし、何かの事情で一人ができなくなってしまった時にフォローすることができますし、打ち合わせ等も双方一人ずつだと何かと気まずかったりすることもあるので、バランスがちょうどいいのは4人と言えます。

規模が大きい二次会では6人ということも

友人の数が多い、会場規模が大きい二次会で行う場合には、幹事も多めの方が安心です。反面、人数が多いと打ち合わせのスケジュール調整だけでも大変なので、意思統一も難しくなるので、多くても6人が限界と言えます。新郎新婦の双方で代表の幹事を決め、あとの二人はサポートに回り、役割分担を明確にすることで、まとめやすくなります。

幹事+サポート要因を確保

幹事は、二次会の運営を取りまとめる役割ですが、二次会の内容は多岐に渡るので、当日動いてくれるサポート要員を確保しておくことが大切です。誰がどのように動くのかを把握するのが幹事の仕事ととらえ、必要な仕事が増えた時には、その都度サポート要員に依頼をしていきます。

片方が遠距離の場合

新郎・新婦のどちらかが遠方に住んでいて、幹事を含め友人等も遠距離から来るという場合は、無理やり双方から幹事を立てるというのではなく、会場に近い方の友人で代表幹事を務め、当日までの準備にあたるということも考えられます。二次会をスムーズに進行するために、新郎・新婦双方の事情や出席人数に合わせて、バランスを見極めながら、幹事の人数と人選をするといいでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます