日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バイク合宿の服装は?

バイク合宿での格好はどうすれば良いのか、何かルールはあるのかと不安になりますよね。
どのような服装で行くのが良いのかお教えします。

服装のルール

車とは違いバイクの場合は、服装は何でも良いわけではありません。
バイクの服装には守らなければならないルールがあります。
まず、必ず長袖・長ズボンにして下さい。
バイクで転倒した際に、半袖や半ズボンでは怪我をしてしまいます。体を守る為にも肌の露出を避け、長袖・長ズボンにして下さい。
次は靴です。
靴はかかとのあるものを選んで下さい。サンダルやクロックスなどは、運転中に靴が脱げると危ないので禁止です。
また、ヒールや厚底など、かかとの高いブーツや靴も履かないでください。
これらはどれもバイクを運転する時に、とても危険です。
靴下は、長い靴下を履きましょう。
これも安全のためです。スニーカーソックスなどはくるぶしを怪我する可能性があります。
手には軍手もしくはグローブをしましょう。

気をつけよう!

バイクの教習所では、上記のような安全でない靴や服装とみなされた場合、教習を受けさせてくれません。
せっかく合宿に来たのに受けれないでは困ると思います。
なので、必ず守って下さい。

具体的には?

夏場であれば長袖のTシャツ、冬場であれば動きやすいジャケットやウィンドブレーカーに長袖Tシャツが良いでしょう。
長ズボンは、ジーパンやジャージでも大丈夫です。
動きやすくて、転倒した時に怪我をしにくい服装であれば、素材などは何でも大丈夫です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます