日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇親会でのマナー 〜就活編〜

就活で内定が出たら、懇親会がある企業も少なくありません。
内定者懇親会は会社での初めての行事になるものなので、きちんとしたマナーを身につけて臨みたいものです。
今回は、これだけは押さえておきたい、内定者懇親会でのマナーをまとめました。

服装

服装に関しては、会社の指示にきちんと従うようにしましょう。
ついスーツで参加すべきだと思ってしまいがちですが、「オフィスカジュアルできてください」と指示があったときにリクルートスーツを着用するのは、マイナスの印象を与えてしまうこともあります。特に女性は「オフィスカジュアルで」という指示を出す会社が多いので、その際はひざより短いスカートは避け、落ち着いた色の清楚に見える服装を心がけるようにしましょう。

持ち合わせの服がない場合は、ブラウスにスーツのパンツ、というスタイルでもかまいません。

当日の行動

内定者懇親会では、お酒を飲んだり、食事をすることもあります。
その際、うっかり飲み過ぎてしまったり、くちゃくちゃ音を立てて食べるなどの、みていて不快になる食べ方をしないように気をつけましょう。また、言葉遣いにも気を配り、しっかりとした敬語を使うよう心がけましょう。日頃敬語に慣れていない人も、懇親会の場を社会に出る前の重要な練習の場だと認識して努力してください。さらに、内定者懇親会は今後仕事をともにしていく人たちとの大切なコミュニケーションの場です。

学生時代とは違い、あまり合わないと思う人ともうまくやっていかなくてはなりません。
それを頭において、行動するようにしましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます