日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【箱根の観光コース】箱根の主な温泉とハイキングコース

箱根山を取り巻く外輪山の北東。標高1,169mの明神ヶ岳は、最も古い箱根街道があるハイキングコース。見事な眺望を楽しんだあとはゆっくり温泉につかって心の洗濯を。

富士山と太平洋を一望する明神ヶ岳

明神ヶ岳は南足柄市と箱根町の境にある山です。コースのスタートは道了尊バス停。伊豆箱根鉄道大雄山線の大雄山駅から伊豆箱根バスに乗って行きます。そこから最乗寺→明神ヶ岳見晴小屋→神明水→明神ヶ岳→宮城野分岐→宮城野バス停となります。

最乗寺は600年以上の歴史を持つ古刹で、山中の寺らしく天狗伝説が数多く残されています。それを象徴するのが赤い大きな下駄が登山口に置かれています。
尾根の向こう側には相模湾、右手には真鶴岬、左手には三浦半島を見ながらのんびり歩いていきます。まわりの景色が広やかなので、気分までなんだかゆったりとしてきます。

明神ヶ岳の山頂に出れば箱根外輪山の全容と大きくそびえ立つ富士山が飛び込んできます。山頂には山名を刻んだ方位版もあるので、それを見ながら360度の大パノラマを楽しみましょう。

帰りは、眼下に広がる海をめがけていくようにして草原を下っていきます。

箱根ならではの日帰り温泉を楽しむ

明神ヶ岳を下っていくと明星ヶ岳の分岐点に、ここからは宮城野のバス停まではさほど遠くはありません。バス停に近づくにつれて温泉の看板が多くなってくるので「あ〰箱根温泉に入ったな」と実感します。
ここまで来たらやはり温泉を楽しみましょう。おすすめは宮城野バス停から徒歩2分のところにある「勘太郎の湯」。知る人ぞ知る名湯で源泉からの湯がかけ流しであふれる贅沢なお風呂です。
もうひとつは箱根湯本駅近くにある「かっぱ天国」ここは広い露天風呂が特徴で、手足を思いっきり伸ばして湯船につかれます。鉄板焼きが楽しめる食事処もあるので、お風呂上がりの冷たいビールでハイキングの〆にしてはいかがでしょう。

まとめ

箱根の温泉とハイキングで極楽の癒しを体験してくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます