日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

八海山ロープウェーに乗って気軽に大自然ハイキング

八海山は信仰登山が盛んで、ハイキングをしているとコースのところどころに不動尊や猿田彦などの石碑や仏像などが数多くみられます。麓からも登れますが、八海山ロープウェイに乗れば気軽に大自然ハイキングができます。

八海山ロープウェイで4合目まで

八海山は頂上部分の大日岳や釈迦岳、地蔵岳、不動岳など八ツ峰からなる山です。日本200名山のひとつとしても知られています。修験者の修行の場でもあり、上級者になると鉄鎖や鉄ハシゴを伝いながら登っていくため、初心者には厳しいかもしれません。
そこでご提案したいのが、山麓駅から山頂駅、八海山の4合目に当たる場所まで行って、6合目の女人堂までなら軽登山の装備でもハイキングを楽しむことができます。

山頂駅から女人堂へ

4合目までロープウェイに乗って、そこからしばらくすると大蔵口コースに出会います。ここは整備された緩やかな坂道になっているので気軽なハイキングとしてはおススメ。天然記念物のモリアオガエルの生息地で有名な漕池(こぎいけ)の入り口を過ぎるところで、ブナ林の急坂になります。胎内くぐりへの道を分け、急な坂道を登りきると女人堂です。ここは他の霊山と同じように、女人禁制であったため、この先へは行けなかった女性たちがここで祈り、読経を上げたところです。
ここから先は、鎖場と呼ばれるところなど、鎖を使わないと登れないような急斜面が続き、ます。いかにも修行場といった感じの本格的登山になるので、女人堂から先は、本格的な登山装備をしてからチャレンジしましょう。

ゆったり温泉で疲れを癒す

ハイキングで汗をかいたら湯之谷温泉の「ゆ~パーク薬師」に寄ってみましょう。3時間以内なら大人500円で入れます。バイブラバスやサウナ、箱蒸し、露天風呂(男女日替わり)がありレストルームも完備しているのでゆったり疲れを取りましょう。
場所は国道17号線小出から国道352号線に入り、湯之谷薬師スキー場が併設されています。

まとめ

八海山を登って昔の修行者が通った厳かな雰囲気を存分に味わってくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます