日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会で幹事に会費を渡すタイミングはいつ?

結婚式の二次会に参加することになったとき、いつ幹事に会費を渡したらいいのか悩みますよね。今回は、そんな二次会の会費を渡すタイミングと、会費の準備の仕方をまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。

会費は二次会受付で支払う

披露宴の前に受付があるように、二次会の前にもまた受付があります。その受付をする際に、会費も一緒に支払うのが一般的です。くれぐれも、「早く渡さなければ」と披露宴の受付で渡してしまったり、幹事を探して渡してしまったりしないようにしましょう。

会費は祝儀袋に入れるの?

勘違いをしている人が多いのが、この会費を祝儀袋に入れるのかどうかです。
二次会では、祝儀袋を使用するのはマナー違反とされ、管理をする幹事の手間を増やしてしまうことになります。そのため、会費はちょうどの金額を用意しておいて財布から直接支払うか、気になる場合は封筒に準備をしておき、受付で取り出して渡すようにするとスマートです。

会費にお祝いの気持ちを足して渡してもいいの?

披露宴に参加できず、二次会からの参加の場合「お祝いの気持ちとして会費より多く包むべきなのでは」と考えてしまう人もいますが、それは逆にマナー違反となってしまうので気をつけましょう。二次会に参加するということ自体が「お祝い」の気持ちの表れなので、特別に何かを用意する必要はありません。どうしても何かお祝いをしたいというときは、新郎新婦が気を使わなくて済む程度のプレゼントを事前に渡すのが無難です。

金額としては、一人2000~3000円程度のものがよいでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます