日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの小物セットを揃えよう

ゴルフを言えばまずはクラブ、そしてウエア関連と順に揃えていきますが、小物は何を揃えればいいのかチェックしてみましょう。

実際のプレー場面をイメージして

いざ第1打です。まず「ボール」とボールをセットする「ティ」を準備。初心者ならロスト(OBなどでの紛失)前提で1ダースは用意しておいたほうがいいかもしれません。「ティ」は、ロングとショートそれぞれが数本づつ袋入りでありますが、小さなものなので袋ごと用意。次にグリーンに上がると、マーカー(自分のボールの位置を動かさなければならない時にマーク)が必要になります。

ウエア関係は上から下までイメージ!

ウエア関連の小物で必須なのは、「キャップ」「グローブ(手袋)」「タオル」です。特にキャップ、タオルは夏場の必須です。(夏場と言えば「ドリンク」なしで無理です。また、肌の弱い人は「日焼け止め」など夏場ならではのケア小物もあります。)ティやマーカーは安いものだしゴルフ場の売店で販売されていますが、ウエア関連小物は忘れないよう要注意です。

あったほうがベターな小物類

必須ではないが、あったほうがいいという小物もあります。たとえば「グリーンフォーク」は、柔らかいグリーンの上に落ちたボール跡(くぼみ)を補修するのに使います。エチケット的には必須ですね。また、自分のスコアを間違いないようにカウントするカウンターも、大叩きして焦った時に意外と役立ちます。プレーとは直接関係しませんが、ゴルフバッグの所有者を示す「ネームプレート」もゴルフ場でのバッグ管理には必要です。

まとめ

これら小物は仮に忘れたりした場合、ゴルフ場で買ったり友人から借りたりして、とりあえずプレーは出来るとはいうものの、ゴルフを楽しくするには、これら小物も自分のセンスや趣味に合わせて揃えておくことが大切です。また、必須な小物はセットになって販売されているのでそれを買っておくと安心です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます