日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスの練習 相手に合わせて相互成長を!

テニスにおいて、相手の動き方をよく見て、そこに合わせるということは技能面、また、ボールを通したコミュニケーション的な意味でも重宝することです。
プレイの息を相手に合わせることがどのようなメリットを持っているのでしょうか。

自分が相手より優勢である場合

普通に練習をしていると、自然と勝ってしまいそうな相手にたいして、「合わせる」とは「手加減をする」という
ことではありません。
手加減をしてしまうと、相手にそれを悟らせてしまうだけではなく、自分の技能アップについて
何の進展も生まないからです。
つまり、全力でプレイをするものの、ハンディを設けるのが得策です。

例えば、相手が動きが遅い(重い)感じで、こちらのショットに振り回されているように見受けられた場合、
こちらも背中に重りになるようなものを背負って機動力の差がなくなるか、少しこちらが遅くなるように
設定すると、むしろこちらが振り回されるため、弱いプレーヤー相手でも全力で対応できます。
技能的に劣るプレーヤーが相手ならば(打ち方が悪いなど)、手首に重りとなる負荷を巻きつけてもよいでしょう。

どちらにせよ、「相手に大きく勝っている要素にハンディをかける」ことが大切です。

相手が自分より強い場合

今度はこちらがハンディを掛ける余裕がありません。
相手に大きく振り回されながらも、技能面なのか、フィジカル面なのか、
どこで自分が負けているのか、その要素の内最大の要素を見定めるべきです。
レベルが段違いであった場合は、相手にハンディを設けてもらうのも手です。

まとめ

二人で切磋琢磨して成長していってくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます