日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス上達に欠かせない「骨盤」について

テニスで強いショットを打ちたければ、腰を使うように、としきりに言われています。
腰を使って打つというのは、直感的には分かりにくいことでもあります。
そのキーとなる部位が「骨盤」といわれる箇所です。
骨盤の高さ的な位置は、臀部のすぐ上あたりで、背骨の線を中心に左右に伸びています。
腰のすぐ下といっても構いません(そこに硬い場所があるはずです)。
しかし、なぜ骨盤がテニスの上達に関係があるのか、その理由を考察します。

骨盤は、下半身と上半身の「つなぎ目」だから

地面を踏み込むことにより得た反動を、下半身を通して上半身にそのまま伝える媒介になっているのが
骨盤です。イメージとしては、「骨盤の上に、上半身が乗っている」感じです。

つまり、上半身の根っこである骨盤が回転すれば、上半身がつられて回転するということです。
したがって、全身のパワーを使ったショットが可能となり、上達につながるというわけです。

骨盤は、身体の中心である

「身体の中心はどこにある?」と尋ねられたとき、どこをイメージするかはいろいろ分かれそうですが、正しくは骨盤です。
上半身と下半身の連結点となっていることから自然といえます。
テニスには、「スイートスポット」と呼ばれるものがあります。
ラケットの中心にあるといわれ、少ない力で強いショットが打てる、ラケットのもっとも安定した部分とも言われます。
つまり、「物の中心は安定していて、強い力を出しやすい」というわけです。
骨盤はまさに、身体の”スイートスポット”なのです。

まとめ

骨盤を意識することはどのスポーツにも通じるので、ぜひ習慣づけてくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます