日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーとフットサル、上達のコツにも違いがある!

サッカーよりも手軽に、女性や子供も参加しやすいフットサルが賑わっています。
サッカーとは違い、みんなとワイワイ楽しくやってるイメージがありますが、そもそもサッカーとフットサルとの違いはどこにあるのでしょうか?

スタイル・ルールの違い

では初めに、プレースタイルやルールの違いについて、軽く触れていきましょう。

まず、大きな違いとして参加人数が違いますね。サッカーは11人でプレーですが、フットサルの場合は5人で行います。選手交代は、サッカーはプレーが止まっている状態で、審判の承認のもと3人まで交代ができます。が、フットサルの場合はプレー中でも自由に、7人まで交代することができます。

またボールがフィールドから出た際の再開方法も、サッカーはスローインまたはゴールキックですが、フットサルの場合はキックインまたはゴールキーパークリアランス(キーパースロー)からの試合再開になっています。

他にも、フットサル特有のルールといえば4秒ルールというのがあります。プレー再開のキックインやコーナーキックの際、ボールを4秒以内に蹴らないといけない、またゴールキーパーは自陣エリア内では、4秒以上ボールを持っていると違反になるというルールがあります。

このように、プレースタイルやルール1つ1つにある程度の違いがあるのがわかります。

技術

次は、技術面での違いについて見ていきましょう。

まずは、ボールを扱う位置が違います。サッカーの場合は、シュートする際などにパワーが必要になります。なので、ボールは身体からやや離れた前方に置きます。さしてフットサルの場合は、サッカーに比べてパワーは必要なく、むしろコートが狭いのでDF(ディフェンダー)と簡単に対決します。なので取られないように、ボールの位置はより身体に近い位置になります。

時間をうまく使えるサッカーとは違い、フットサルはコート上のスペースがないので、緩急をつけることが難しく、敵選手との対決場面が多いです。そういったことから、自分がボールをコントロールしやすいように、身体に近い位置というのが重要になってきます。

このように、サッカーとフットサルというスポーツは、似て非なるもののような感じがあります。色々な知識を持つことも、技術の向上に役立つと思いますので、どうぞ皆さんも学んでみてください。

以上、サッカーとフットサルの違いについてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか。同じように見えて中身は違う、面白いスポーツですよね!

皆さんもプレーの向上の他にも、このような知識も得てみてはどうでしょう。きっと練習やプレーでも、役に立つ場面が出てくると思いますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます