日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ダーツの投げ方は身長によっても変わる?

ダーツの投げ方の要素には、「身長」という観点からは2通り考えられます。
まずは1つめを説明します(また、向きは右利きであることを前提とします)。
右足をボードの面方向に対して垂直に、左足は右足よりもやや斜め左前方におきます。
右のひじを、まずは水平方向まっすぐに向けます。
そのあと、ダーツのポイント部を目と考えて、その目線をしっかりとターゲットに合わせるようにします。
そして、ダーツを右目に近づけるように引き付けます。
最後に、左足(つま先立ちしているようにします)のつま先をやや持ち上げるようにした勢いで
ひじの角度を変えないまま右手の指を放します。
これは、どこをターゲットにとったとしても変わらない事項です。
では、2つめの説明をします。

自分の身長と、ターゲットとの高低差を把握する

まずは、自分の頭頂部がターゲットよりも高い時を考えます。
このとき、右目をボードがかかっている柱にきっちり水平方向に見つめます。
そのあと、今度はボードのターゲット部を見るのに、そのまま見下ろすように首を下げます。
ここで、首が動いた範囲を「高低差」と言い表すと、
首が自然に高低差の分だけ下がるように、今度は「身体を前傾させ」ます。
左足を踏ん張り、腕を引いて、いざ投げる時に身体を高低差分だけ前傾させるようにしましょう。
低いときは、逆に身体を前斜めに背伸びするようにしましょう。

投げ方の定着はブルで

どんなボードであっても、ブルの位置は地面から173cmと決まっているので、
まずは一定の高さであるブルとの高低差を測りましょう。

まとめ

それぞれの身長に合わせた投げ方を学んでくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます