日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇親会 式次第のテンプレート

懇親会 式次第のテンプレート

懇親会と一口に言っても、一体どんなことをやるのでしょうか。

参加したことはあるけれど、式次第は見たことがないという方もいると思います。

幹事を任されたけれど、テンプレートやひな形がなくて困っている方はいませんか?

ここでは、懇親会の式次第をテンプレートとしてご紹介します。

開会

懇親会の開会を宣言しましょう。

幹事または司会者が行うことが多いようです。

「本日はお忙しい中お集まり頂きまして、ありがとうございます。

本日司会を務めさせて頂きます〇〇と申します。

どうぞよろしくお願いいたします。」

このように簡単なもので大丈夫です。

自然な流れで開会の挨拶に繋げましょう。

開会の挨拶

開会の挨拶は、参加者の中で1番高い役職者が行います。

同時に乾杯の挨拶もお願いする場合がほとんどのようです。

来賓がいる場合は、ここで挨拶を頂きましょう。

乾杯

乾杯の挨拶を別に行う場合は、3番目に高い役職者にお願いします。

元気な若手に乾杯の音頭をお願いするケースもあるようです。

乾杯の挨拶は大体1分以内が目安とされています。

歓談(余興)

余興を行う場合は、適度にお酒も進み会話が弾んでいる頃を見計らって行います。

乾杯後、30分から1時間以内に始めるのがいいようです。

ビンゴゲームや福引を行う時には、幹事1人では準備が間に合いません。

前もってお手伝いをお願いしておき、スムーズな会の進行を心がけましょう。

中締め

終電や都合で早めに帰らなければいけない人もいます。

実質的な懇親会の締めに当たるので、2番目に高い役職者に締めてもらいます。

一本締めや三本締めを行うことが多いかと思います。

閉会

懇親会の終了時間になったら、閉会の宣言と出席者への感謝の言葉を述べます。

「ご歓談中のところ恐縮ですが、そろそろ懇親会のお開きの時間となってしまいました。

まだまだ話足りないということもあるかとは存じますが、楽しんで頂けましたでしょうか。

これにて懇親会をお開きとさせて頂きます。

本日はお忙しい中ご出席頂きまして、ありがとうございました。」

解散を促したり、2次会を行う場合はスムーズにお店まで案内しましょう。

まとめ

懇親会の式次第の大まかな流れはご理解頂けたと思います。

テンプレートとして参考にして頂けたら幸いです。

また、挨拶を誰に頼めばいいのかという問題は、結構大きな問題ですよね。

『一般的にはこの人が望ましい』ということはお伝えしました。

しかし、社内でのルールや通例がある場合はそちらに従っていいと思います。

どうしても迷ってしまう時は先輩や前任者に相談されることをおすすめします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます