日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

武田尾ハイキングで紅葉の名所巡り

武田尾は武庫川渓谷上流の自然に恵まれた地で、江戸時代に発見されたとされる温泉が湧出しているところ。山々の中にたたずむ秘境ムードたっぷりのところで、特に紅葉シーズンは多くの温泉ファンやハイカーで賑わいます。今回は、そんな紅葉シーズンの武田尾のハイキングコースをご紹介します。

名塩・武田尾ハイキング道

武田尾ハイキングで人気なのが「名塩・武田尾ハイキング道」。JR名塩駅→JR武田尾駅まで、約9kmの道のりです。出だしはゴルフ場の外周を歩くルートで、平坦なアスファルトで歩きやすいコース。ところどころにハイキング道の標識が立ち、ビギナーにはとても親切です。

紅く色づいた大峰山

1時間ほど歩き、いよいよ武田尾を目指してハイキング道へ。武庫川に沿って山裾を歩いていくと、紅く色づいた大峰山が間近に迫って見え、素晴らしい景観。さらに大峰山と南に安倉山、長尾山と続き、山肌の紅葉が絨毯のように連なります。

武庫川と紅葉のコントラスト

ふかふかの山道は足にやさしく、紅葉のトンネルと化したコースを下って武田尾の登山口へ。武庫川にかかる温泉橋は武田温泉郷のシンボル。武田尾駅から眺める武庫川と紅葉のコントラストも絶景です。

例年、武田尾の紅葉の見ごろは11月中旬。今年の秋は、温泉でひと休みしながらハイキングで紅葉狩りという、二重の楽しみを体験してみませんか。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます