日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス上達のコツ 〜ストローク編〜

テニスは錦織選手の影響で最近注目度が増しているスポーツですよね。
あなたも最近テニスを始めたばかりではありませんか?
コート中を走り回らなければならないテニスは、運動不足解消にうってつけのスポーツです。
とはいえ、「ストロークが上手にできずにテニスがいまいち楽しめない」とお悩みの方もいることでしょう。
今回は、テニスのストロークを上達させるために役立つ方法をご紹介いたしましょう。テニスを今よりももっと楽しむために是非お役立てください。

壁打ち練習をしてみましょう!

テニスのストロークを上達させるために役立つのが「壁打ち練習」です。
壁打ち練習というのは手頃な壁にボールを打ち込む練習方法で、適切なストロークとコントロールを身に付けることができますよ。
また、壁が相手なので一人で黙々と練習することができますし、テニスに必要な体力を付けることもできるでしょう。
テニスのストロークがうまくいかないとお困りの方は是非試してみましょう。

しっかり振りぬくことを意識する

テニスのストロークを上達させるためには、ラケットをしっかり振りぬくことが大切です。振ったラケットが途中で止まってしまうとボールはあさっての方向に飛んで行ってしまうことでしょう。
ストロークの練習をする時にはしっかり振りぬくことを意識しながら行なってみてください。

まとめ

この記事では、テニスのストロークを上達させるために役立つ練習方法をご紹介いたしました。
テニスのストロークをマスターするためには、試合形式の練習も大切ですが一人でフォームをチェックしながら練習することも大切です。是非上記の練習方法を参考にしてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます