日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの用語がわからない!サッグってなに?

非常にポピュラーなスポーツであるバスケット。バスケットは一人でも練習可能な面白いスポーツです。とはいえ、本格的なバスケットする場合はルールに加えて様々なバスケット用語を覚える必要があるでしょう。また、バスケット用語を知っているとバスケット観戦も楽しくなります。
あなたも現在、バスケット用語を覚えたいと思っていませんか?
そこで今回は、バスケット用語の一つである「サッグ」について解説いたしましょう。この言葉は何を意味しているのか?どのように使うのか?という点をご紹介いたしますので是非お役立てください。

「サッグ」とは何か?

「サッグ」というバスケット用語にはどのような意味があるのでしょうか?
「サッグ」というのは、ボールの移動に合わせてディフェンダーがマークを外し、ボールラインまで下がってヘルプに行く体勢を作ることを意味しています。「サギング」と呼ばれることもありますよ。

どのように使うのか?

バスケット用語の一つである「サッグ」。どのように使われるのでしょうか?
例えば、
・○○がボールを持ったらお前はサッグに行け!
・お前がボールを持ったら○○がサッグに入るのでパスを回せ!
という使い方をすることがあるかもしれません。チームの作戦を立てる時にも使われる可能性があるのでしっかり覚えておきましょう。

まとめ

この記事では、バスケット用語の一つである「サッグ」について解説いたしました。バスケット用語をしっかり覚えるとバスケットは今以上に楽しくなることでしょう。是非参考にしてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます