日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

格段にバスケが上達する パスのコツ

バスケが上達したいならパスを極めろというように、バスケットボールにおいてパスは非常に重要な役割を果たしてくれています。もちろんチーム内での団結力も重要なのですが、勝つチームのほとんどは素早く正確なパスが出せているといわれています。そんな重要なパスのコツについて紹介します。

場面によって使い分けたい「パス」とは

パスというものは選手がどのような実力を持っているのかを観察することができる一つの手段とも言われています。もちろん相手が周りにいないパスだったら特に意識することなく流れるようなパスをすることが重要になってくるのですが、3人ほどで囲まれてしまってパスを出すのが難しくなってしまった場合は、とにかく腰を落としてディフェンダーの動きを鈍くさせる必要があります。

パスで注意しておきたいコツとは

素早くパスを出さなければいけない状態になってしまったら体の重心移動に注目してみましょう。できるだけ前のめりにならずに、急に180度回転できるような腰使いとトラップやフェイクなどの組み合わせ技で相手を困惑させるのもいいでしょう。とにかくパスを出すときには複雑な方法を選ばずに簡単な方法を使って、ピンチから脱出するかのようなテクニックを身につけられれば上達できます。

パスは手だけを使うのではなく、体全体を使って「正確にパスする」ということと、「周りを確認する」ということに注目してみましょう。足は進みたい方向に、顔はパスする相手がくらいがちょうどいいでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます