日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケ初心者でもわかる教え方

バスケットボールで始めてチームを組むことになったら、それなりの練習方法を組む必要があります。特にバスケットボール部などで部長を務めることになったらある程度の練習方法を考えなければいけない義務も発生してしまいます。そこでおすすめの練習方法について紹介します。

初心者だったらフットワークを大切に!

初心者のうちだったらやはりフットワークを大事にしていく練習法のほうがおすすめでしょう。フットワークといっても特に下半身に注目した練習法の法が効率がいいでしょう。初心者の方は頭で理解してなかなか体が追い付かないというのが現状です。これをなくすためにも地道な練習を積み重ねていくほうがいいでしょう。

フットワークの次は攻め方を統一しよう

フットワークがだんだん固まってきたと感じたら次は「オフェンス」について考えてみるのもいいでしょう。オフェンスでは基本的な1-3-1の形だったり、自分たちのスタイルに合った攻めやすい形がいいでしょう。無理に難しい形に挑戦してみるのもいいですが、後々チームプレーが崩れてしまう危険性もあります。さらに攻め方には初心者に優しいいろんな種類があるのも特徴的なので、初めて戦術を考えるならチーム全員で検討しあうことをお勧めします。

バスケットボールの基本的なフットワークの練習方法として簡単に行えるのが「鬼ごっこ」での練習方法になります。鬼ごっこはバスケットボールのフットワークと似ているところがあるのでお遊び程度でお勧めです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます