日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アメフトのワイドレシーバーに選ばれた

ワイドレシーバーWRはパスプレーの主役です。
クォーターバックQBから投げられたボールを華麗にキャッチしてパスを成功させる。観ていて気持ちが良いですし、本当にカッコイイです。
選ばれたからには、自分もそんなWRになりたい。その為にはどんなことから始めればいいでしょうか?

WRに求められる能力

WRに必要なのは、なんといってもボールの捕球能力と走力、そして判断力です。
プレー開始と共に前へ駆け上がるのですから周りは敵だらけです。パスのコースへいち早く走って行くわけですが、ディフェンシブバックDBの位置を見て、走るコースを瞬時に判断しなければなりません。
相手のDBと競り合いになれば、ボールから目を切ることになります。それでも確実に捕球するにはボールの軌道の読みとボールを落さない捕球の技術が必要になります。
それともう一つWRに求められるものがあります。それはパスを捕球した後、少しでも敵陣深くゲインしようという姿勢です。
パスキャッチでボールを確保してランで距離を稼ぐ。これをランアフターキャッチといい、その後の展開に有利になり、プレーの選択肢が広がります。

WRの為のトレーニング

走力を鍛えるのは当然のことですが、ただ走るだけでなく上り坂を繰り返し駆け上がる坂道ダッシュが効果的です。
そしてWRのランのテクニックにカットバックというものがあります。走るコースを急激に変えることでDBを躱すのですが、これを練習する為に平地で走るトレーニングの時に、急に止まって左に行く振り(フェイント)をして右にコースを変えるなどの動きを取り入れるのもいいでしょう。
捕球の練習は1人では難しいですが、ボールを高く上げて捕球する練習ならできます。この時気を付けたいのはボールは必ず胸ではなく手で捕球することです。
先にも書きましたように、DBとの競り合いに勝つにはカットバックのような小回りの利く俊敏さも必要ですが、当たり負けしないだけの筋力を付けるトレーニングも必要でしょう。

WRはQBからのパスを受けるのですから、日頃からQBとの意思の疎通、戦術理解などのコミュニケーションをとっておくことも大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます