日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ルスツのパラグライダー体験が最高に最高説

パラグライダーというスポーツをご存知でしょうか?
空を飛んでみたいという願いがかなえられて、比較的広い年齢層の人たちがチャレンジすることができる、とても感動的なスポーツです。
どこででもできるというタイプのものではなく、ある程度の広さと適度な斜面が必要になります。
北海道のルスツは、スキーも盛んですが、スキーのシーズンオフはパラグライダーも盛んです。
羊蹄山をのぞむ素晴らしい景観の中、空を飛ぶという体験は、一生の思い出になります。
パラグライダーに少しでも興味がある方は、ルスツでパラグライダー体験して「ルスツのパラグライダー体験が最高に最高説」を実感してみませんか?

インストラクターと一緒に本格的フライト体験

パラグライダーは1人で本格的に飛ぶようになるには、多くの練習時間が必要になり、1日で自分で操作して飛ぶのは難しいです。
緩い斜面から徐々に慣らしていくために、1日で本格的な体験をしようと思うと、どうしてもインストラクターに操作してもらって、一緒に飛ぶというパターンになります。
二人乗りのパラグライダーのことを「タンデム」と呼びますが、パラグライダーってどんなものか一度体験したい、空から北海道の大地を見下ろしたい、北海道に行った記念のアクティビティとして、といろいろな動機があると思いますが、インストラクターがついているので、本格的かつ安全な飛行体験をすることができます。
ルスツでタンデム飛行体験をするにはザム・スカイスポーツクラブに申し込むのが便利です。

一日体験での服装について

パラグライダーはスポーツですので、やはり運動に適した服装で行かなくてはいけません。
特にルスツは高原ですので、少し寒いということも考えた服装にしておきましょう。
5月などはまだ雪が残っていることもありますし、10月には雪が降り始めることもあります。
北海道以外の人は寒さについてピンとこないこともありますので、注意したいですね。
靴はトレッキングシューズのようなくるぶしまである運動靴が望ましいです。
間違ってもハイヒール、サンダルでは行かないようにしましょう。
女性はスカートを避けるのは言うまでもありません。

いつからいつまで一日体験できる?

パラグライダー体験ができる期間は、5月上旬から10月下旬までとなります。
スキーシーズンが終わって、次のスキーシーズンが始まるまでの期間ということになりますね。
意外と長く楽しむことができるという印象です。
年齢は14歳以上、体重は100kgまでという制限がありますので、注意してくださいね。

北海道の素晴らしい景色を眺めながらの空中散歩は、誰もがやってみたい体験なのではないでしょうか。
高所恐怖症の人でもパラグライダー体験は大丈夫だという口コミもあります。
ルスツを訪れる機会があれば、ぜひ体験してみたいものですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます