日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大掃除の必需品とはなにかを考える

年に一度の大掃除、今年は本格的に進めたいですよね。それにはしっかりとした準備が必要です。まずは「大掃除の必需品」と言えるものからそろえましょう。下に考えられるものを挙げてみました。

手袋

大掃除は「こする・拭く・磨く」が中心になります。また、洗剤を使った掃除や水回りの掃除もあります。一番がんばってもらう手が荒れないように、手袋を用意しましょう。水まわりや洗剤を使った掃除用に台所用の手袋を、家具の移動や手にけがをしそうなブラインド掃除などには軍手(滑り止め付きがおススメ)を、さらに窓拭きや床掃除など、こまごました作業に使い捨ての手袋もあると便利です。古い軍手を雑巾代わりにしてしまうのもいいですね。

掃除機

「当たり前!」と言われそうですが、大掃除では活躍してもらう道具です。ちょっとだけ手入れをしておきませんか?まずクリーナーヘッドに絡まったごみを取り除いて、スムーズに動くようにします。また、たまったごみを捨てておきましょう。こうするだけで、吸引力がだいぶ違います。また、全体をきれいに拭いておくと、「いっちょうやるか!」と気持ちのスイッチが入ります。ごみパックの替えを忘れずに用意してくださいね。

布巾・雑巾

汚れの程度で使い分けをしましょう。新しい雑巾や布巾はあまり汚れていないところ用に、すでに使用している雑巾は、サッシなど汚れがひどいところに使います。また、捨てる服などを切って布きれを作っておくと、使い捨てにできて便利です。ベランダや玄関などもどんどん拭いて、汚れたら捨ててしまいます。あと、窓を拭くときは注意です。繊維が出るような布を使うと、逆に汚れてしまいます。

クイックルワイパー

これのハンディーモップタイプ、個人的に外せません。類似の製品でももちろんOK。ホコリの多いところはまずこれで大まかに拭いておくと、ホコリの舞い上がりを防げて良いです。ランプシェードや棚の上など、どんどん掃除してゆきます。きれいになったことが分かりやすい作業ですから、手伝いの人がいるときは優先的にやってもらいましょう。やる気を出して一生懸命進めてくれますよ。

甘いもの・飲み物

もしかすると、これが一番大事かもしれません。忙しい大掃除、ちょくちょく休憩をはさまないと、へばってしまい最後まで終わりません。手が汚れていても食べられるような、個包装のものが便利です。また、飴など口に入れておけるものもいいですね。お昼ご飯用にお結びなど握っておくとさらにGOOD!大変な大掃除も、特別なイベントに見えてくるから不思議です。

おわりに

いかがでしたか?この他にも、皆さんそれぞれの「これは外せないグッズ」があると思います。準備をしっかりして快適な大掃除にできれば、終わった後の達成感は大きいです。その後のビールは格別ですよ!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます