日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリング の荷物が盗難に!?こんな時どうする?

ツーリングを楽しんでいる最中、ちょっと目を離したすきに荷物が盗難されてしまったら、一体どうしますか?
そんな最悪の事態が起きないに越したことはないのですが、今回は万一起きてしまった場合の対処法をまとめました。
荷物の盗難後は、迅速な対応が必要になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

周辺を簡単に探し、まずは警察に届ける

荷物が盗まれていることに気がついたら、まず周囲を簡単に探します。
ツーリングバッグごと盗難に遭った場合、近くで現金だけ抜いて、他の荷物は捨てられているということも少なくはありません。
短時間探して見つからなかった場合は、すぐに警察へ向かい、盗難に遭った旨を伝えましょう。

銀行へ連絡する

盗まれた荷物の中にキャッシュカードがあった場合、警察にいった後すぐに銀行へ連絡をします。
夜間でも紛失盗難に関しては受付センターを設置している銀行も多いため、ホームページなどで調べるようにしましょう。
銀行へ連絡をすると、不正使用を防ぐため、カードを使用不可にする手続きがなされます。
口座番号がすぐにわかると手続きがスムーズですが、ツーリングで遠出中の場合はその旨を伝え、対応してもらうようにしましょう。
ここまでで行ってもらえる手続きは、すべて仮のものとなります。
正式な手続きを書面で行うため、なるべくすぐに銀行へ直接足を運ぶようにしましょう。
その際、身分証明証が必要になります。
免許証、保険証なども盗難されてしまった場合、それらを再発行してからの手続きになるので、時間がかかってしまいます。
そのため、自宅にパスポートや住基カードなどの身分証をおいておくようにするといざというときに困りませんよ。

クレジットカードを使用不可にする

クレジットカードがいっしょに盗難されていた場合も、すぐにクレジットカード会社に連絡をする必要があります。
クレジットカードの場合、紛失盗難は電話にて受け付けてくれる場合がほとんどですので、カード会社のホームペー市などで確認をしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます