日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリング 東北地方 で日帰りでもキモチ満足旅

日帰りできる東北地方 ツーリングコースです。

回顧の吊橋、会津西街道、国道121号

外環浦和ICから東北自動車道、途中から国道400号を使って約144km、約2時間で栃木県那須塩原市塩原の回顧渓谷の回顧の吊橋(みかえりのつりばし)に到着します。国道400号の国道121号と重複するところは、会津西街道とも呼ばれている道路です。東北自動車道西那須野塩原ICから国道400号へ入ってから塩原側に進むと、約30分で塩原渓谷に到着です。道の駅より3kmくらい塩原へ寄った地点に、塩原ダムにかかる320メートルのもみじ谷大吊橋がありますが、これは歩行者専用吊り橋になっています。そしてここを中心に、回顧の吊り橋などの景観を堪能できます。回顧の吊橋は、全長100メートル、高さ30メートル、蟇(ガマ)石園地からすぐのところにあります。

駒止(こまど)湿原、国道400号121号、289号

回顧の吊り橋から再び国道400号、121号に戻って、しばらくして南会津町から新潟県と福島県を横断する国道289号へ入ります。入ってから約59km、約2時間6分で、高山植物が自生している福島県南会津郡南会津町の駒止(こまど)湿原に到着です。国道289号線南会津町田島からは、約15分。駐車場から湿原へは歩いて約5分です。

羽鳥湖、国道289号、121号

駒止(こまど)湿原から国道289号に戻って、途中から121号を使って約42km、約1時間45分で大内宿、そしてさらに国道118号を使って約27km、約53分間、高い標高の深い自然の中を走りながら絶景の羽鳥湖高原到着です。 羽鳥湖からは、県道58号を使って約35km先に矢吹ICとなります。

穏やかな自然を満喫できる一日です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます