日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大掃除後も部屋を奇麗に保つ方法

大掃除をがんばった甲斐もあって、住まいは見違えるように奇麗になりました。よかったですね!せっかくですから、いつまでもこの状態を保ちたいものです。何か工夫はないものでしょうか?
そこで今日は、部屋を奇麗なまま保つ技をまとめてみました。

まずはじめに:汚く見えてしまう理由を知りましょう

大掃除の後の部屋は、なぜこんなに奇麗に見えるのでしょうか?それは、①整理整頓されているため②ゴミや不要なものがないため③目立つ所にほこりや汚れがないため、という理由です。裏返せば、汚い部屋とは、整理されてなく、ゴミや汚れが目立つ部屋ということになります。これはごく当たり前のことですが、肝心なのは、「目立つ所がどうなっているか」ということです。

目立つ所を奇麗に

お客さんを部屋に招いたとき、「汚い部屋だな」と思われるのは残念です。そこで、お客さん目線で部屋を眺めてみましょう。部屋を歩き回ってみましょう。そのとき目につく所、まず見るところが、重点的にケアが必要なところです。それは、窓際の棚の上でしょうか、窓ガラスでしょうか、冷蔵庫でしょうか。住まいによって目立つ所は違います。もし探すのが難しければ、誰かに見てもらい意見を聞くのもいいですね。

目立つ場所を整理する

整理のコツは、「しまう・そろえる・隠す」です。出しっぱなしの物はしかるべき場所に片づける。大きさや色、形、ジャンルでそろえる。かさばってごちゃごちゃして見えるものは隠してしまう。「見せる収納」は最小限に。ほこりも積もりやすく、しばらくすると雑然とした見栄えになりがちです。すっきりまとめてあると、掃除も簡単で、奇麗に保つのが楽です。

目立つ場所の不要なものを捨てる

目立つ場所というのは、通りやすい所・開けている場所なので、ついつい不要なもの置き場になりがちです。しかしそれが部屋を汚く見せてしまう原因です。あなたの部屋にたまりやすいゴミや不要なものはなんでしょうか?それがわかったら、別の目立たない場所に専用の置き場を確保し、そこに置くようにしましょう。ゴミ箱を用意するのも手ですね。また、こまめに捨てましょう。「外出するときにゴミ袋ひとつを必ず捨てに行く」といったマイルールを作るのもいいですね。

目立つ場所を汚さない

このように整理と片づけができていれば、掃除は簡単です。汚れの最大の原因はホコリなので、クイックルワイパーのような手軽に使えるホコリとりを常備しておき、隙を見ては払っておきましょう。そのついでにその周りの場所も奇麗にすると、結果として部屋全体が奇麗になります。

おわりに

いかがでしたか?大掃除の後奇麗に保てるかどうかは、効率の良いこまめなケアができるかにかかっています。大変な気がしますが、全体的に奇麗であれば、掃除や片づけも楽ですよ。あなたなりのラクチンなコツを見つけて、快適ライフを続けましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます