日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大掃除に多用できる食器用洗剤

大掃除のときって掃除の場所に合わせて色んな洗剤を用意しなきゃって思いますよね。
でも、食器用洗剤があればこれだけで多くの場所のお掃除ができます。
今回は大掃除における食器用洗剤の使い方についてご紹介します。

家電製品をふく

家電製品の説明書を見ると「お手入れには中性洗剤を使ってください」と書いてあります。
食器用洗剤も中性洗剤なので、家電製品の掃除にも使うことができますよ。
ただし泡立ちがいいので、よく絞った雑巾に少量つけるのがコツです。

フローリングのしつこい汚れをふく

水ぶきだけでは落ちないフローリングの汚れにも、食器用洗剤が便利です。
取れない汚れは油分を含んでいることが多いので、食器用洗剤を含んだ雑巾で拭くと落ちます。
最後に水拭きして洗剤分を拭き取りましょう。

窓まわりに使う

食器用洗剤は窓まわりにも使うことができます。
バケツの水に泡立たない程度に食器用洗剤を入れ、雑巾を浸して絞ります。
ガラス窓を雑巾で窓をふいたら、スクイージーで水気を払い乾いた布でふき取ります。
サッシの周りや溝は結構汚れていますので、洗剤液にいらない布を浸して掃除すると捨てるだけでいいので楽です。

天井をふく

天井の汚れをふくときは、フローリングワイパーとの合わせ技が便利です。
バケツに食器用洗剤を数滴たらし、ワイパーシートを数枚漬け込みます。
ぬらしたシートをフローリングワイパーに取り付け、ふき掃除をすると汚れが良く落ちます。

いかがでしたか?食器用洗剤があれば、ほとんどの掃除ができるので活用してみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます