日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

換気扇のドラム型ファンを大掃除

換気扇って油汚れの目立つ場所ですよね。
でもどうやって掃除するのか分からないし、なんだか面倒くさそうと後回しにしてはいませんか?
そこで今回はドラム型ファンの大掃除方法についてご紹介します。

用意するもの

・45ℓの厚手ゴミ袋 2枚
・洗剤
・古い歯ブラシ、割り箸
・いらない布や古タオル

手順1 ゴミ袋をセットする

台所のシンクに古タオルを敷いて、その上に重ねたビニール袋を広げます。

手順2 ファンをはずす

換気扇からドラム型ファンを取り外します。
ドラム型ファンを固定しているネジは、他のネジと違って逆回しで外れるようになっているので気をつけてくださいね。

手順3 つけ置きする

ドラムをゴミ袋の中に入れて、50℃位のお湯と洗剤を入れます。
洗剤は結構多めに入れたほうがよく取れます。
袋の口を閉じて20分ぐらいつけ置きすると汚れが取れやすくなります。

手順4 汚れをこすり落とす

つけ置きしたことで汚れがふやけて、だいぶ取れやすくなっています。
スポンジなどでこすって汚れを落としましょう。
細かい部分は古い歯ブラシや割り箸を使うと落としやすいです。

手順5 洗剤洗い流して水気を切る

汚れが落ちたら水洗いして洗剤分を落とします。
そのあと乾いたタオルなどで水気をふき取り乾燥させましょう。

手順6 元通りに取り付ける

掃除が終わったら元通りに取り付けて終了です。

まとめ

いかがでしたか?
汚れがたまりすぎる前に定期的に掃除して、きれいな状態を保つようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

大掃除カテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング