日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初詣のマナー 〜お寺編〜

年が明けて、まずは、やっぱり、初詣!皆さん、初詣のマナー、完璧ですか?
「二礼二拍手一礼」など、神社での作法は覚えていても、お寺での作法となると怪しい……と言う方も結構多いのでは?
お寺での初詣のマナーを復習しておきましょう!

大まかな流れ

最初に忘れずにすることは、山門の前での合掌一礼です。最初の挨拶は基本ですよね。さて、参拝の前に、手水舎で身を清めましょう。これは、神社とも共通ですね。次に、お線香を焚く場所がある場合、線香を上げます。本堂で軽く一礼、賽銭を納めて鈴や鐘があれば鳴らします。ただし、鳴らしてはいけないお寺もあるのでよく掲示などを確かめ、許可されている場合にしておきましょう。静かに胸の前で手を合わせ、お経を唱えて、祈願をします。軽く一礼をして終わります。
帰る時には、門を出た後、また山門に合掌一礼しましょう。

注意点

気を付けたいのは、やはり拍手。神社の感覚で拍手を打ってしまう人が結構いるようです。お寺では、静かに手を合わせましょう。
次に、線香を上げる場合ですが、他人の蝋燭から火を貰って点けないようにしましょう。一緒に、他人の業を貰ってしまうと言われています。
唱えるお経にも気を付けましょう。そのお寺の宗派に合わせたお経を唱えます。作法にも宗派ごとに差があるので、詳しいことは自分の参る寺の掲示を探したり、お寺の方に訊いてみましょう。
また、神社への初詣で氏神神社を大切にするように、お寺への初詣では菩提寺に最初に参りましょう。

以上が一般的なお寺への初詣のマナーです。皆さんも是非お寺に初詣をし、新年の挨拶をして気持ちを改め、新しい年に晴れやかに向かっていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます