日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

地域によって違うさくらんぼ狩りのシーズン

さくらんぼは比較的寒い地域でよく収穫されている食べ物です。なので、食べられる時期と地域というのは大体決まっています。そんなさくらんぼのおすすめの収穫時期について紹介します。

関東地方のさくらんぼは新学期がねらい目!?

さくらんぼで有名な県を思い出してみるとひとつ、「山形県」を想像することと思います。理由は非常に簡単で寒暖の差が激しいということです。全国的にもさくらんぼの収穫率は70%を誇っています。そんな山形県を筆頭とした関東地方ではさくらんぼの旬な時期があります。それが5月の上旬ごろから6月までの間です。6月までは地域によってさくらんぼのピークが終了するタイミングが異なってきます。

中部地方で取れるさくらんぼのねらい目は夏!?

中部地方でさくらんぼがおいしいと話題を呼んでいるのは「山梨県」です。山梨県ではさくらんぼの品種を多く取り揃えているので、関東地方の時期との気候の差を考えると7〜8月が最もピークであると考えられます。全国的にも山梨県はさくらんぼ収穫率2位なので春先にさくらんぼを楽しめなかったという方でも十分に楽しむことができるチャンスが巡ってきます。しかし南の地域で取れるさくらんぼのピークは秋以降になりながらもおいしい時間が少ないので、食べるとしたら北の方でさくらんぼ本来の味を堪能してみるといいでしょう。

さくらんぼのシーズンは地域によって異なっているのがわかりましたが、ピークにさくらんぼを食べなかったとはいえ季節外れのさくらんぼも風味がよくおいしいものもあります。シーズンを逃してしまったという方でも落ち込まずに、トップシェアを誇っている山形県や山梨県に訪れてみるといいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます