日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

山梨県でさくらんぼ狩りが人気になる時期

山梨県といったらさくらんぼの品種が非常に多いことから初心者の方からさくらんぼのマニアまでもが駆け寄るさくらんぼ狩り施設がたくさんあることで有名です。そんな山梨県で注目しておきたいさくらんぼ狩りの時期について紹介します。

山梨県でさくらんぼ狩りをするなら8月!

山梨県は日本でいうちょうど真ん中の位置にあり、気温の変化が明確に変動する地域であるといわれています。なのでさくらんぼにとってはぐんぐんと成長しやすい気候帯にあるといえるでしょう。そして最も成長期を迎えるのがおよそ7〜8月といわれています。7月下旬のことからさくらんぼ狩りを始める農園の方々もいらっしゃるのですが、家族連れで来るということを考えるとまだ夏休みに入っていないころでしょうから、8月に農園を開放するところが多いです。熱い太陽を浴びながら新鮮なさくらんぼを食べる快感は忘れられないものになります。

8月のピークを逃しても大丈夫な山梨県のさくらんぼとは

前述したとおり、山梨県のさくらんぼにはたくさんの品種が存在します。品種によってはさくらんぼそのものの味がおいしくなる時期が異なってくるものがあるため、一概に8月がピークであるとは言い難いものです。冬場になってもおいしい寒天のようなさくらんぼもあるので、いろんな品種を楽しんでみたいという方にはおすすめできるでしょう。

結果的に山梨県では季節を問わずさくらんぼ狩りを楽しむことができる地域であるといっても過言ではないでしょう。しかし家族で楽しみたいのであれば夏を中心に農園に訪れてみるといいかもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます