日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィン お菓子 の安かわラッピング術

毎年10月31日のハロウィンは、仮装やパーティーイベントとして定着してきました。子どもたちにとってはお菓子をもらえるイベントとしても浸透してきました。ハロウィンに配るお菓子にひと手間かければもっと楽しくなります。

ハロウィンカラーで

ラッピングはハロウィンにぴったりなオレンジとブラックやパープルをメインカラーに選びます。個別包装のお菓子をそのまま配るのではなく、透明なラッピング用袋に入れたらカットしたハロウィンカラーの包装紙を一緒に入れるだけで見栄えがよくなります。色とりどりのモールで袋の口をまとめれば簡単です。

てるてる坊主を変身

大きめにカットしたラッピング用紙の真ん中にお菓子を置いててるてる坊主を作る要領でまとめたらモールやリボンで形を整えます。油性マジックでゴーストの顔をペイントします。子どもに描かせると面白いペイントもでき一緒に楽しむことができます。部屋の飾りに吊るしてもかわいいです。

ジャムの空き瓶を利用して

家にジャム瓶があれば利用しましょう。フタより一回り大きめの布を接着剤で貼り付けリボンでまとめます。瓶に油性マジックでペイントしたり、100均などで購入したハロウィン柄のシールを貼り付けてデコレーションします。中にお菓子を詰めれば完成です。ボリュームがあるのでお友達に配れば喜ばれます。

まとめ

ハロウィンは大人も子供も一緒に楽しめるイベントです。仮装だけではなくお菓子を準備することも楽しめるとみんなで盛り上がれます。身近な素材を使って工夫して安くてかわいいラッピングを楽しみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます