日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月は京都へ旅行へ行こう!

京都というと、春の桜、5月の葵祭、7月の祇園祭り、10月の時代祭り、秋の紅葉の頃が、訪れたいと思う時期ですよね。
でも、冬の京都もなかなかのものですよ。
京都で年末年始を過ごしてみませんか?

年末年始の京都の魅力

年末年始には、様々な伝統行事や珍しい慣習がとり行われます。
普段は味わえない京都らしさに出会える旅になりますよ。
京都らしいおもてなしをしてくれる老舗旅館に泊まると、なおいっそうの京のお正月風情を味わうことができそうですね。

年末年始の京都の楽しみ方

たとえば、昼間は、錦市場を見て、京都の師走の雰囲気に浸ります。
夜は、知恩院に、除夜の鐘を聞きに行きます。
その帰りに、八坂神社によって「をけら詣り」を見学します。
境内の灯篭に火がともされており、その火を火縄に移して、各家庭に持ち帰り、その火でお雑煮などを作り、無病息災をお祈りする行事です。
翌朝は、旅館で、一年の無病息災を願う大福茶(梅干と結び昆布が入ったお茶)を、お正月の朝一番に頂きます。
その後、旅館特製のお節やお雑煮が運ばれてくるでしょう。
京都のお雑煮は、白みそで丸餅の関西風、頭芋というお芋が入っているのが特徴です。
食事が終わると、初詣にでかけましょう。
祇園花見小路を下り、ぶらぶらと清水寺へ、さらにねねの道を上り、八坂神社から、知恩院まで歩くのはいかがですか?

まとめ

京都の冬の底冷えはすごいですよ。夜中に初詣に行くのならなおさらです。
防寒対策をしっかりして、お出かけください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます