日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

海水浴場でおすすめの海【三重編】

日本最大の半島である紀伊半島の東側に位置する三重県の海水浴場は、入り組んだ海岸線が多いのが特徴です。その中でも特に人気があり、ロングビーチの海水浴場3か所をピックアップしてみました。

阿児の松原海水浴場

阿児の松原海水浴場はその名が示す通り、黒松並木と棟朝の砂浜が美しい海水浴場です。ここの海は非常に波が穏やかなので、小さな子供でも安心して遊ばせることができます。入り組んだ海岸線の多い三重県の海の中でも珍しく弓なりのビーチが3㎞にわたって延びています。また、たくさんの観光客で賑わうだけあって施設も整っており、ビーチ用車イスを設置するなどの配慮もされています。
●アクセス:車で伊勢自動車道伊勢西ICから約30km。 電車で近鉄志摩線鵜方駅から三重交通バス志島循環で15分、阿児の松原下車すぐ。

サンビーチ桃取

鳥羽湾に浮かぶ最大の島「答志島」にある海水浴場です。桃取は島の最も西側にあり、美しい海が目の前に広がります。周囲の島々が一望でき、離島の雰囲気を醸し出しています。ここから眺める夕日は特に素晴らしいと定評があるので、ぜひ見てから帰りの船に乗りましょう。
●アクセス:佐田浜港から市営定期船で13分、桃取下船、徒歩5分

二見浦海水浴場

二見浦海水浴場は、明治15年、日本で最初に公設海水浴場としてオープンしたところだといわれています。日本の渚 100選にも選ばれているほど、美しい白い砂浜とオーシャンビューで多くの家族連れで賑わいます。ビーチハウスやレストハウスも充実しており、近くには有名な夫婦岩があり、観光客も大勢訪れます。
●アクセス:車で伊勢自動車道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由、二見JCTから二見浦方面へ約8分。電車でJR参宮線二見浦駅から徒歩15分

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます