日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの練習メニューの組み方 〜カウンター編〜

バスケではカウンターを決めることができれば、試合の形勢を一気に逆転できるチャンスを生ませることができます。そこでどんなプレイヤーでも実践できるような上手なカウンターの取り方について、いろんな練習方法と比較しながら紹介します。

ポジションの位置によって変わるカウンターの取り方

バスケではポジションの基本的な位置によって試合の動き方が変わってきます。ポジションはボールを外側のふちに合わせて運んでいく「ガード」と、攻めを行う「フォワード」、ポスト付近で攻めに移動する「センター」というように分かれています。相手のチームにボールがあり、自陣の近くでボールを奪い返してもなかなかゴールを決めるまでに時間がかかってしまいますが、相手の陣の近くでボールを奪われて、奪われた瞬間にボールを奪い返す時がチャンスです。カウンター成功となり相手のチームが攻め込もうとしている瞬間にゴールを狙うことができます。ここでもフォワードのポジションが重要になってくるのでチーム内で作戦を考えておくのがいいでしょう。

カウンターをとるための練習方法

カウンターをとるための練習方法は実戦練習が一番効果的です。実戦の中は二度と同じような場面に遭遇することはないと考え、カウンターを狙えるチャンスを作って味方との連携を見せたプレーができるようになるといいでしょう。

試合中に自分の能力を鍛えることができるので一石二鳥ですし、カウンターが決まればとても気持ちがいいです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます