日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

山形さくらんぼ狩り、品種別・おすすめ時期大紹介!

瑞々しくて美味しいけれど、余り日持ちしないのがさくらんぼ。旬の時期を逃さず、一番美味しいさくらんぼを食べましょう!

品種によって旬の時期も違う

さくらんぼには収穫可能な時期によって、早生種・中生種・晩生種があります。
5月下旬から6月上旬に収穫できるのが早生種。6月中旬から下旬には中生種。7月上旬から中旬には晩生種が収穫できます。つまり、出かける時期によって違う品種のさくらんぼが食べられるのです。

どのさくらんぼがお好み?

品種によって、旬も味わいも歯ごたえも様々。あなたの好みはどのさくらんぼですか? 山形県で多く栽培されている品種をまとめてみました。
『紅さやか』の旬は6月上旬から中旬。よく熟すと黒っぽくなるさくらんぼで、複雑な厚みがある爽やかな味わいを楽しめます。
『高砂』は、6月中旬から下旬の収穫。上品、繊細な味と言われ、柔らかくてジューシー。良く出来たものは佐藤錦並みとも言われます。
『佐藤錦』は、6月中旬から7月上旬が旬。高級さくらんぼの代表で、人気ナンバーワンのさくらんぼの王様です。甘み酸味のバランスが取れており、爽やかな甘さにコクがプラスされた飽きないさくらんぼです。
『ナポレオン』の収穫時期は、6月下旬から7月上旬。酸味がぴりっと味を引き立てる通好みで、大粒で締まりがある果肉は根強い人気を誇ります。加工用にも良いさくらんぼ。
『紅秀峰』は、7月上旬から中旬に収穫。何と言っても甘みが強いのが特徴、また果肉が固めで歯ごたえがあります。若い人に人気だとか。
『大将錦』も、7月上旬から中旬の収穫です。珍しく余り見かけないさくらんぼですが、味は抜群。大粒で果肉が厚くとても歯ごたえがあり、酸味が少なく食べやすいさくらんぼです。

すっきりとした味が好みなら早めに、佐藤錦を狙うなら中ごろ、歯ごたえがあるさくらんぼが食べたいなら遅めに……、好みのさくらんぼの旬を狙ってさくらんぼ狩りに出かけましょう。別の品種を食べるために、複数回訪れるのも面白そうですね。

さくらんぼナビを活用しよう

同じ山形県でも、場所や条件によって旬の時期は微妙に変わってきます。そこで活用できるのが、『さくらんぼナビ』のWEBサイト(URL:http://agrin.jp/hp/cherry/index.html)。
さくらんぼナビ(R)(さくらんぼ狩り適期案内システム)は、山形県の旬のさくらんぼ果樹園を案内してくれるシステムです。品種や地域での絞り込みも可能で、果樹園のアイコンが真っ赤なさくらんぼに変わったら、ちょうど食べごろ。20件以上の果樹園が登録されています。また、収穫開始のお知らせメールサービスも行っているので、忘れていても安心。

やっぱりさくらんぼといえば山形県。お好みのさくらんぼの旬の時期を逃さずに、さくらんぼ狩りをめいっぱい楽しみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます