日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会のマナー お金について

新入社員が訪れる時期になると、どこの会社でも歓迎会が行われると思います。
この機会にしっかりと密なコミュニケーションをとって、これからの仕事に活かしたいものです。

歓迎会で気になるのが、お金についてのマナーです。
歓迎する人、歓迎される人の両方に知っておいた方がいいマナーがあります。
会を成功させるためにも、最低限のマナーは知っておきましょう。

歓迎する側のマナー

歓迎される人にお金を要求しないというのが、基本的なマナーです。
入社したばかりで、まだ会社に慣れていない新入社員からお金をとるのは、会社にとってのイメージ低下にもつながりかねません。

幹事などでお金を集める必要がある場合には、歓迎会当日の席ではなく、事前に集めておくのがマナーです。当日、目の前でお金が集められていると、歓迎される側としても決して良い気持ちはしません。

歓迎される側のマナー

歓迎される側はお金を支払わないのが普通です。しかし、そうだからといって「払わないで当然」といった態度は、相手に対する印象もよくありません。

そのため、「志」「ご挨拶」などと添えたのし袋にお金を入れて渡しましょう。このようなお金は歓迎する側は受け取らないのがマナーです。そのため、あまり無理矢理押しつけるようなことはやめましょう。

まとめ

歓迎会は、新入社員を喜んで迎え入れるための会です。
そのため不愉快になるようなことはお互いしないことが絶対の条件です。

また、歓迎会では直接お金を見せたり、払わないことが一般的なマナーです。
お金のやり取りは前日までに済ませておきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます