日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クラス会の幹事になったときのぐっとくる挨拶のコトバ

特に中学から高校に入学するのをきっかけに、中学校以前の仲間とは再開する機会は少なくなります。
やはり、長年会っていなければ、クラスメイトの動向も気になるものです。

今回は、クラス会に一同が集まってくれたことを前提として、
「挨拶で感動させてやるにはどうするか」ということを考察します。

ノスタルジックな感動は普遍のもの

人は昔聴いた音楽や訪ねた場所などから、その時の思い出を連想するという心理的な活動をします。
懐かしいものに触れた時に心が落ち着いたり、感動したりするのは人の本質なのです。

そこで、挨拶のコトバには、必ず「当時のクラスの思い出」を語るようにしましょう。
例えば、「恩師である○○先生は、当時やんちゃな生徒ばかりだった我々○○組を
厳しくも、暖かい言葉で指導してくださりました」、
「クラスの中心的存在だった○○君の言動で、よく笑ったものです」などの文を挿入文として使います。

クラス会プランニングのエピソードを語る

最近は、クラス会向けに、幹事をサポートしてくれる企業もあります。
特に、現住所が分からない人などを集めるのはとても労力のいることです。
そうした人たちをももれなく集めることができたことに関し、
サポートしてくれた周囲の人たちとの幹事のエピソードを語れば、たちまちよい感じになります。

「特に○○君を見つけるのには苦労しました(笑) プランナーの方たちが協力してくれたことで、
私はみんなの居場所を見つけることに注力できたのです」などが例です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます