日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の会費の出し方

結婚式でのご祝儀の出し方はご存知の方も多いはず。では二次会となるとどうでしょうか?そもそも決まりやマナーなんてあるの?とおっしゃる方もいるのではないでしょうか?あまり知られていませんが、実は二次会の会費の出し方にもマナーが存在しています。
いくつかポイントをピックアップしてみましたのでご覧ください。

ご祝儀袋は使わない

まず、会費をご祝儀袋に入れるということはしません。なぜなら会費はご祝儀ではないからです。二次会は主に会費制で開かれることがほとんどですよね。会費というのは、会場へ支払う食事や飲み物代、またゲームをする際の景品代として使われます。ご祝儀というのは新郎新婦へのお祝いの印に渡すお金のことですので、ご祝儀と会費は違うものとなります。ですので二次会の会費をご祝儀袋にいれることはそもそも間違いなのです。

お財布から直接でOK

では会費を幹事や受付に支払う際はどうするのが正しいのか。実はお財布から直接取り出し支払うことがベストなのです。
ご祝儀袋にはいれないものの、何か封筒に入れたくなるという気持ちも分かります。ですが、そうするとかえって幹事や受付の人が中身を確認する手間になってしまうので、お財布から直接支払うことが一番なのです。

新札を用意するべき?

結婚式のご祝儀同様、新札を用意すべきか迷ったことはありませんか?
二次会の会費は新札にする必要も実はないのです。
結婚式でのご祝儀のマナーのように硬く考えず、ラフに考えて良いようです。

お釣りはないように

幹事や受付の人へ気を配るポイントとしては、お財布から直接お釣りのないように準備した会費を払うことではないでしょうか。
何人ものゲストが来るのでスムーズに会費を払うことがなによりスマートです。

いかがでしたか?結婚式と同じマナーではありませんのでご注意ください。今後のご参考になれば幸いです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます